google-plus instagram fancy twitter facebook pinterest tumblr vimeo youtube minus plus close-thin arrow-left arrow-right comments rss close hamburger cart-empty cart-full dropdown-arrow dropdown-arrow-right profile wishlist search arrow-left-thin arrow-right-thin check star back-to-top-arrow

台湾茶の健康効果と美容効果

※効能に関しては、一般的に言われている台湾茶の効能について記したものであり、弊社商品の医療上または美容上の効果・効能を保証するものではありません。

台湾茶の健康効果と美容効果

台湾茶と肥満予防

烏龍茶に含まれるポリフェノールには、脂肪の消化吸収を防ぎ、体外に排出する働きがあると言われています。
なお、「烏龍茶ポリフェノール」は烏龍茶の製造過程の半発酵工程により、茶葉に含まれるポリフェノールが変化したものです。
その他にも、お茶の成分として有名な「カテキン」もポリフェノールの1つであり、脂肪を燃焼させやすくする効果があると言われています。なかでも「凍頂烏龍茶」「高山烏龍茶」「プーアル茶」は、効果が高いと言われています。

台湾茶の香りとリラックス効果

高品質の台湾茶は心安らぐ香りがします。台湾茶はこの香りのバリエーションがとても豊富で、烏龍茶でも産地が違うと、味わいも香りも異なってきます。
例えば「東方美人」は蜜のような甘い香りが漂い、紅茶に近い味わいが特徴です。
ヨーロッパで人気となり、イギリスで「オリエンタル・ビューティー」と名付けられたことからその名が付きました。
香りから得られるリラックス効果はアロマテラピーなどでも重要な要素とされています。近年では、心地良い香りによって、幸せホルモンであるオキシトシンという脳内ホルモンが分泌されるとも言われています。

台湾茶と花粉症

凍頂烏龍茶が花粉症の症状改善に効果があるかもしれないという研究が、以前、多くのメディアで話題になりました。お茶に含まれるカテキンが「メチル化カテキン」という物質に変化し、これが抗アレルギー作用があることからそう言われています。またこの「メチル化カテキン」は緑茶にはほとんど含まれず、半発酵工程を経た烏龍茶、とくに「凍頂烏龍茶」「高山茶」に多く含まれています。

台湾茶と利尿作用

コーヒーやお茶に含まれる成分として有名なのがカフェインです。カフェインには利尿作用や覚醒効果があると言われています。とくに利尿作用は老廃物を体外に排出し、体内の水分を更新する作用として重要な成分です。

台湾茶とがん研究

アメリカのがん研究雑誌“Cancer Research”に、茶の生物化学及び薬理作用に関する文献報告がまとめられたことがありました。その研究報告には、茶葉のカテキン、アミノ酸、フラボノール類や多糖類などには、さまざまな疾患を予防する効果があることが明らかであるという報告が掲載され、なかでも、茶ポリフェノールの含有量がもっとも重要であることが示されれています。

台湾茶と美肌効果

コーヒーやお茶に含まれる成分として有名なのがカフェインです。カフェインには利尿作用や覚醒効果があると言われています。とくに利尿作用は老廃物を体外に排出し、体内の水分を更新する作用として重要な成分です。
台湾茶に含まれるカフェインは日本茶とほぼ同じ量です。

烏龍茶ポリフェノール

烏龍茶には「烏龍茶ポリフェノール」が多く含まれています。その特徴は抗酸化作用が高いこと。
また最近では、この「烏龍茶ポリフェノール」が、体内のエネルギー消費や中性脂肪の燃焼を促したり、血中のコレステロールを抑制するなどの研究も発表されています。

食べ過ぎてしまう人向けの台湾茶は?

脂っこい食事を食べる時には、「黒茶烏龍茶」がおすすめです。
黒茶烏龍茶の特長は、黒茶(プーアル茶)に台湾烏龍茶とケツメイシ(決明子)をブレンドしたもので、苦味やくせもなく、飲みやすいお茶です。
また黒茶烏龍茶は従来の烏龍茶と比較すると、カフェイン量は変わりませんが、「重合ポリフェノール」という成分が多く含まれています。人には脂肪の吸収を抑制する働きを持つ「リパーゼ」という酵素が存在しています。「重合ポリフェノール」はその「リパーゼ」の働きを助ける作用があり、体外へと中性脂肪を排出すると言われています。したがって、食事の前後、または食事中に飲むと効果があると言われています。